Couch Potato

旅行・バレーボール・映画などなど、日々のあれこれについて綴るブログです。

ここが私のanother sky、ダブリン!

アイルランド編第2弾。

今回は私の第2の故郷でもある首都ダブリンの魅力について語ります!

 

ギネス・ストアハウス

ダブリンに来たらマストな観光地がこのギネスストアハウス。ビール工場ですね。

入場料は大人16.5ユーロ、子供6.5ユーロ、シニア13ユーロ。

中にはギネス関連のお土産屋さんに始まり、ビール醸造の仕組みやギネスビールの歴史などの展示が豊富にあり、ビール好きな方はかなり楽しめる場所になっています。

そして何より、ここがおすすめな理由は6階建ての建物の最上階に行けば分かります。

なんと360度展望可能なフロアでギネスビールが無料で飲み放題なんです!

晴れた日に行けばダブリンの美しい景色を眺めながらギネスを好きなだけ飲めます。

トリニティ・カレッジ・ダブリン(Trinity College Dublin)

アイルランドの東大がこのTCD。

f:id:i_am_couchpotato:20170216005036j:plain

1592年に創立され400年以上の歴史と伝統のある由緒正しい大学です。

ダブリンのシティセンターのまさにど真ん中にあり、観光の基点にもなります。

荘厳な正門をくぐり抜けると、石造りの美しいキャンパスが目の前に広がります。

f:id:i_am_couchpotato:20170216005121j:plain

TCDに来たら訪れたいのが図書館。

一般開放されており、ケルズの書と呼ばれる世界的に有名な古書が閲覧できるということで、図書館の前には毎日多くの観光客が列をなして並んでいます。

そしてこの図書館はスターウォーズに出てくるシーンのモデルになったとか?

私はスターウォーズ恥ずかしながら見たことないのでよくわからないのですが、、、

また、学食も一般人でも利用可能です。バイキング形式で、朝に行けばアイリッシュブレークファーストを食べることが出来、かつ基本的に学生しか利用していないため空いているので穴場になっています。おすすめ。

あと、夏季に行けばキャンパスの寮を宿として利用できるとか?

あ、これは完全に余談なのですが、キャンパスのすぐ近くにあるYum-Thai(ヤムタイ)というタイ料理屋さんが作るパッタイグリーンカレーが絶品です!

紙パックに入れてくれる形式(洋画でよく若者が食べてるやつ)のファストフードなので、気軽に立ち寄れますので興味のある方は是非^^

グラフトン・ストリート

トリニティ・カレッジ正門から目と鼻の先にあるグラフトンストリートは、ダブリン随一のショッピングストリート。

f:id:i_am_couchpotato:20170216005753j:plain

数多くのブランドやレストランが出品しているだけでなく、常にストリートミュージシャンやダンサー達が通りを賑わせており、歩くだけで楽しくなれちゃう私のお気に入りのストリートです!

f:id:i_am_couchpotato:20170216010129j:plain

ちなみにここにはマックもバーガーキングもあるので、いつもの味で安心したい方は是非。笑

f:id:i_am_couchpotato:20170216011052j:plain

クリスマス頃のイルミネーションは本当にきれい!

毎日幸せな気分で歩いてたなぁ。

リフィ川

ダブリンを南北に分ける大河。

f:id:i_am_couchpotato:20170216010150j:plain

川には大きな橋が幾つかかかっており、その美しさからよく写真家が写真を撮りにきているほどです。

f:id:i_am_couchpotato:20170216005849j:plain

私はいつもここを渡って通学してました。

川を移動する観光用クルーズツアーもあるみたいなので興味のある方はぜひ!

オコンネル・ストリート

トリニティカレッジ、グラフトンストリート側からリフィ川を渡ると目の前に広がるのがダブリン一の大通り、オコンネルストリート。

f:id:i_am_couchpotato:20170216010056j:plain

ここには大型ショッピングセンターやファッションブランドなどがそろっており、日本で言えば銀座みたいな感じでしょうか?

f:id:i_am_couchpotato:20170216010226j:plain

近くには電車の駅もあるので、電車を利用する方は必ず通ることになるでしょう。

f:id:i_am_couchpotato:20170216011140j:plain

こちらもクリスマスの季節になるとイルミネーションが本当に綺麗です。

ダブリン城

トリニティカレッジ正門からまっすぐデイムストリートを歩くと到着するのがこのダブリン城。

ぶっちゃけ城自体はそんな大きくないししょぼいので、時間が無い方はスキップしちゃっても大丈夫かも^^笑

ただ、館内には何故かアジアの美術品を集めた美術館があり、日本や中国韓国などの美術を中心に扱っているので、日本の美術がアイルランド人にどう受容されているのか見てみたい方はぜひ。

 

以上がダブリン観光で絶対行きたい場所リストですが、ここからはダブリンに住んでた者として紹介したい素敵な景色たちを紹介!

f:id:i_am_couchpotato:20170216010553j:plain

↑ダブリンにはこんなお洒落なパブがたくさん!

f:id:i_am_couchpotato:20170216010756j:plain

↑すげー派手な幼稚園

f:id:i_am_couchpotato:20170216011302j:plain

↑1年を通してフラワーマーケットが至る所にあるダブリンは花の街としても有名。

f:id:i_am_couchpotato:20170216011443j:plain

↑日本食レストランYAMAMORIには本当にお世話になりました…。

ダブリン到着初日の夜に初めて入ったレストランで、ラーメン18ユーロ(約2,800円)とかしてぶったまげた記憶が…(夜は高くなるみたいで、昼行けば10ユーロです。それでも日本に比べると高いけど)

 

んー、本当はもっともっと紹介したい場所があるのですが、長くなりそうなので今回はこの辺で。

ちなみに、今回紹介した観光スポット、ぜーんぶ徒歩圏内です。

ダブリンは首都と言ってもその中心部は非常に小さい街であり、そこに観光名所が集まっているのでお年寄りの方でなければ歩いて観光できちゃうのです!海外でタクシーや電車に乗るのが不安…という方でも安心です。

 

ダブリンは「美しい・安全・音楽と花でいっぱい」な街なので、訪れたら絶対好きになるはずです!今度の海外旅行はぜひダブリンを検討してみてください!!!